Amazonのブランド登録とは? 相乗りを防止するブランド登録のやり方を解説します



Amazonに自身のブランドを登録して、ブランドの管理・保護を強化できるAmazonブランド登録。商品ページの書き換え防止や偽造品・模倣品の摘発だけでなく、ブランドの認知向上や売上アップにも役立つメリットが盛りだくさんです。ここでは、Amazonブランド登録の必要性とメリットを紹介するとともに、登録に必要な情報や手続きを解説します。


Amazonのブランド登録はなぜ必要?


Amazonのブランド登録はなぜ必要なのでしょうか。Amazonは、Amazonブランド登録の目的を次のように説明しています。

「Amazonブランド登録は、Amazon上での自社ブランドの登録商標の保護をしやすくするとともに、購入者に対して正確性と信頼性の高いお買い物体験を提供する支援をします」

引用:Amazonブランド登録 - Amazonセラーセントラル

つまり、Amazonブランド登録があることで、売り手が自社ブランドを保護できると同時に、買い手も偽物や誤った情報に惑わされることなく買い物ができ、双方にとってメリットがあるのです。

Amazonのブランド登録をしないと起こることとは


Amazonへブランド登録をしない場合、どのようなことが起きるのでしょうか。具体的な事例に沿って見ていきましょう。


事例1:ブランドの商品情報が書き換えられてしまう


OEMでオリジナルLED照明器具を開発し、Amazonで新たに商品登録をした。販売開始後しばらく経って商品ページを見ると、商品情報がすっかり書き換えられてしまっていた。どうやら同じOEM先で作られた同商品を他社がより低価格で販売しており、販売実績の多いそちらの会社が載せた情報がページに反映されているようだ。


▼事例1の解説

なぜ、このようなことが起きたのでしょうか。その原因は、Amazonの商品ページの仕組みにあります。 Amazonの商品ページは、1商品につき1つしか存在しません。楽天やYahoo!などでは、同じ商品でも出品者ごとに複数のページが存在しますが、Amazonでは特定の商品を出品している複数の出品者のうち、最も信用度の高い出品者の情報が商品ページに反映される仕組みになっています。 出品者の信用度は、基本的には購入者からの評価の数が多く、高評価を獲得している出品者ほど高くなる傾向にあります。さらに、販売実績や販売期間も加味したAmazon独自の基準で決められます。 このように、商品ページには「信用度の高い出品者」とみなされた出品者の情報が優先的に表示されてしまい、結果として商品ページの編集権限が奪われてしまいます。つまり、自社ブランドの商品ページに相乗り出品してきた他の出品者によって、商品ページが乗っ取られてしまうのです。 これを防ぐ有効な方法がブランド登録です。ブランド登録をすることで「信用度の高い出品者」とみなされやすくなり、相乗り出品者に編集権限を奪われることなく商品情報を管理できるようになります。



事例2:ブランドに関連した不正な商品が出回ってしまう


SNSで人気を集めたオリジナルデザインのネイルシールを商品登録し、Amazonで販売を始めた。はじめは好調に売り上げていたが、あるときSNSの画像が盗用され、デザインと仕様を似せた類似のネイルシールが安価で販売されるようになり、商品ページには模倣品の業者の情報が表示されるようになってしまった。


▼事例2の解説

Amazonにブランド登録をしておくと、オリジナルデザインの商品が模倣された場合に、商標権者としてAmazonに権利侵害や違反の疑いがある商品や出品者を通報できます。反対に、ブランド登録をしていない場合は摘発が困難です。 また、ブランド登録をしている場合、「自動プロテクション機能」による権利保護が可能になります。この機能は、登録情報に基づき、Amazonが自動で権利侵害の疑いや不正確な情報を含むコンテンツを削除してくれるものです。 これにより、ブランド登録された商品の偽造品が出回ったり、商品についての誤った情報がむやみに掲載されたりするのを防げます。



Amazonブランド登録で得られる5つのメリット


Amazonのブランド登録を行うメリットは、具体的にどのようなものなのでしょうか。ここでは代表的な5つのメリットを紹介します。


1.ブランドストアページを作成できる


ブランドストアページとは、Amazon内に設けられた特定のブランド専用の特設ページです。テキストや画像、動画を使って、ブランドの商品を一挙に表示したり、ブランドの世界観を訴求したりできます。 ブランドストアページを開設できるのは、ブランド登録をしているブランドのみ。次に紹介するスポンサーブランド広告と併用することで、Amazon内での集客力とブランド認知が高まります。

2.スポンサーブランド広告を使用できる


ブランド登録を行うと、スポンサーブランド広告が使用できます。スポンサーブランド広告とは、検索結果の最上部などに表示される広告のことです。 掲載できる内容は、ブランドロゴ、見出し、商品(3点まで)。先に紹介したブランドストアページへのリンクを貼ることもでき、世界観を伝えるブランディングやブランドの認知向上に効果を発揮します。



3.Amazonサイト内でのブランド分析ができる


ブランド登録をすると、Amazonで検索されているキーワードのデータを見られるようになります。確認は、セラーセントラル内「ブランド」メニューの「ブランド分析」から行います。 商品カテゴリごとの検索件数の多いキーワードや、当該キーワードで検索した結果表示される上位商品などを見られるので、これらの詳細情報をもとに自社ブランド商品の商品名や検索キーワードを設定できます。



4.JANコード免除申請をしてもブランド名を表記できる


JANコードは、事業者と商品を特定するための世界共通の製品コードです。ちなみに、JANは日本国内の呼称で、国や地域によってUPC、EANなどがあります。 ある商品を出品するとき、Amazonに既存の商品ページがない場合は自分で商品ページを作成しなくてはなりません。このときJANコードがあるとスムーズに作成できます。一方、JANコードがない場合は、「免除申請」することで「ノーブランド品」として商品ページを作成し出品できます。 このように、JANコードがない場合は通常「ノーブランド品」として出品することになりますが、ブランド登録でブランド名を登録しておけば、JANコードがなくてもブランド名を表記できるのです。



5.Amazon Vineを利用できる


Amazon Vineは、商品についてのカスタマーレビューを公式に獲得できるサービスです。 Amazonが「信頼度の高いお客様」と認めた「Amazon Vine レビュアー」は、Vine依頼商品リストの中から好きな商品を選んで無料で商品提供を受け、レビューを投稿します。 商品を使用した人からのレビューがあると購入に結びつきやすい一方で、レビューを得るのはそう簡単ではありません。Amazon Vine レビュアーからレビューをもらえる同サービスは、売上を上げたい出品者にとって非常に効果的なサービスといえるでしょう。 ただし、Amazon Vineを利用するには、ブランド登録を済ませていることが必須条件となります。この観点からも、ブランド登録を強くおすすめします。



Amazonのブランド登録に必要な情報


Amazonにブランド登録を行う場合、ブランド名を事前に決定しておいたり、商標登録に関する情報を用意しておいたりする必要があります。


申請するブランド名


ブランド登録を申請するには、まずブランド名が必要です。そして、このAmazonブランド登録に申請するブランド名は、商標登録の商標名と同じでなければなりません。 ブランド名を登録するには、文字商標と図形商標のどちらでも登録できます。ただし、図形商標で登録する場合は、語句、文字、または数字を含む図形商標であることが条件となります。

出典:Amazonブランド登録



商標登録機関


ブランド登録をするには、商標登録を行った商標登録機関を入力する必要があります。登録機関としては、国内の登録機関のみならず、海外の公的な商標登録機関が発行した商標も限定的に認められています。また、商標登録機関ごとに入力事項が異なります。


▼現在挙げられている国と地域

米国、ブラジル、カナダ、メキシコ、オーストラリア、インド、日本、フランス、ドイツ、イタリア、トルコ、シンガポール、スペイン、オランダ、サウジアラビア、スウェーデン、ポーランド、エジプト、イギリス、欧州連合、アラブ首長国連邦



登録番号


商標登録機関に登録された登録商標番号も必要になります。 このときに入力するのは、商標登録証に「登録第×××号」と記載された「登録番号」です。「出願番号」(申請番号)は受け付けられません。誤って出願番号を入力しないよう、気を付けましょう。

Amazonブランド登録の手順


実際にAmazonにブランド登録する際の手順を、実際の画面を交えながら紹介します。


ブランド登録の前に「商標登録」が不可欠


Amazonのブランド登録はすべて商標登録が前提となっています。そのため、Amazonのブランド登録を行う場合は、まず商標登録を済ませておくことが必要です。 商標登録とは、商標(ブランド)を公的機関(日本であれば特許庁)に登録することです。出願した商標の商標登録が完了すれば、出願者には商標権が発生し、無断で商標が使用されたような場合に侵害行為の差し止め請求や損害賠償請求ができます。 商標登録についての詳細や、必要な費用については、こちらのページで詳しく解説していますので、合わせてご確認ください。


商標登録とは? 簡単にわかりやすく説明します



1.Amazonブランドレジストリアカウントの取得


商標登録が済んだら、Amazonブランド登録の手続きが可能になります。 まず、Amazonの「ブランドレジストリアカウント」の登録を行います。このとき、アカウントの名義人と商標登録の商標権利者を一致するようにしてください。既に取得している場合、この登録は不要です。


▼ブランドレジストリアカウントの登録画面

https://brandservices.amazon.co.jp/brandregistry/eligibility

2.Amazonブランド登録にサインイン


アカウントを取得したら、Amazonブランド登録にサインインします。こちらの画面の「サインイン」をクリックし、サインイン先の国として「日本」を選択します。

▼サインイン入り口画面のスクショ

https://brandservices.amazon.co.jp/brandregistry/



3.ブランドを登録


サインインできたら、いよいよブランドの登録です。「新しいブランドを登録」から「ブランドの登録」画面へと進み、「ブランド名」「商標登録機関」「登録番号」など必要な情報を入力していきます。 「商品情報」の項目では、商品画像のアップロードを求められます。このとき、商品やパッケージに、ブランド名、ロゴ、その他の識別マークがはっきりと表示されている画像が少なくとも1枚は含まれていることが必要です。 必要事項を全て入力して申請をクリックすれば、ブランド登録の申請完了。あとはAmazonの承認を待つのみです。



まとめ


Amazonブランド登録の必要性とメリット、手続きの概要を解説してきました。


登録の手続き自体はさほど煩雑なものではなく、売上拡大にもつながることから、登録しない手はありません。ただ、Amazonブランド登録の必須要件である商標登録には、事前調査を含め一定の専門知識が求められます。


最短で商標登録を完了し、スムーズにAmazonブランド登録を進めるには、専門家の手を借りることをおすすめします。



Amazonのブランド登録のことなら井上国際特許商標事務所までご相談ください


井上国際特許商標事務所では、リーズナブルな価格で早期の商標登録をサポートします。商標出願にあたり必須となる商標の登録状況の調査は、無料で承っております。 Amazonブランド登録をスピーディーに実現させたい方は、ぜひ一度、井上国際特許商標事務所にご相談ください。


また、商標登録の手続きや費用について、こちらのページに詳しくまとめていますので、合わせてご覧ください。